求人媒体の特徴

転職を決意し、いざ活動をしようとしたとき、何を利用しますか。
ハローワーク、ネットの求人サイト、求人誌などが思い浮かぶかと思います。
それぞれで求人の出し方や対応、求人の内容が異なるので、複数の媒体を利用することをお勧めします。

 

 

ハローワークはネット検索にも対応しており、会員登録無しで使えます。
ハローワークカードを作成して「求職番号」を取得すると、更に多くの求人を見ることができます。
また、現地に行って端末を操作すると、そこでしか公開していない求人も閲覧できます。
応募までの手順は、検索して求人票を印刷し、窓口で紹介状をもらってから書類の提出などの応募をします。
問題は、求人を出す側も利用者も無料で使えるため、求人内容に誤りのある企業も紛れていることです。
また、実際に働いてはじめて求人と異なる条件だったと言うこともあるので、面接でしっかりと企業の実態を把握しましょう。

 

 

ネットの求人サイトは複数あるので、専門分野のサイトを利用すると探しやすいです。
また、地方求人の場合は、全国規模の求人に対応しているところより、地方求人に特化したサイトを利用したほうが効率が良いです。
掲載するのに企業側がお金を払うため、ハローワークとは違った求人がありますが、掲載料によって案件の数や内容が変わります。
リクナビNEXTではエージェントシステムを利用することで、企業からのオファーを受けることもできますが、地方求人には弱いです。

 

 

関連
50歳 転職
50歳が転職するためのテクニック

 

 

求人誌の場合は、必然的に地方求人になる事が多いですが、求人誌の特色によって内容が異なるため、自身の求職内容に合ったものを選ぶと良いでしょう。