4月に転職すべきではない

4月は出会いの時期と言われており、転職するのには向いているように感じます。

 

 

しかし実際には転職に向いていない時期とされており、この時期の転職は避けるべきだと思います。最大の理由は新入社員の研修が行われているため、企業側が手一杯になっていることがあるためです。

 

 

新入社員は研修を経て配属されるのですが、大体1週間程度で研修は終わります。その後は実際の仕事と同じことをすることになり、色々な指導が行われていきます。このタイミングで転職をすると、自分に対する指導は薄れてしまう可能性もあります。

 

 

またこの時期は企業側が即戦力を要求してくることも多いので、面接で採用されないことも出てきます。

 

 

狙いとしては3月が理想です。この時期になると求人が割と増えてきますので、面接を受けるといい感じに採用されると思います。

 

 

またどうしても4月に転職したいと考えているなら、新入社員を取っていないような会社を選んだほうが良いです。こうした会社なら何時でも転職が可能ですし、指導もしっかりと受けられるでしょう。

 

 

 

<人気サイト>
正社員を目指すためのおすすめ転職サイト
転職サイトを利用して正社員として採用されよう

 

ホーム | 埼玉労働局

 

 

 

新入社員に交じって指導を受けるのは精神的にも辛いと思います。自分よりできる社員が入ってしまうと、会社での立場は無くなってしまうかもしれません。4月という時期はなるべく転職を避けるべきで、元々の会社からも転職をしないように求められるかと思います。

 

 

転職をするならそれ以降か、それ以前のどちらかで決めてしまうのが理想で、4月はなるべく避けながら転職活動を進めていきましょう。