英語関連から100円ショップへの転職

 20代に社会に出て40代になるまで、私は非常に多くの仕事につきました。

 

 30代後半の転職で選んだ仕事は、英語関連の職場でした。そこでは最初に、営業の仕事をしておりました。しかし、生来営業の仕事というのをあまり得意としておりません。いきなりお宅を訪問して販売するというのが、どうにも得意ではなかったのです。それに私自身「商品に自信があるならば、お宅を訪問しなくても売れるのではないか」という考えだったのです。その会社の商品を見てみると、一気に最初に買わせるタイプの教材が多く、初期投資で100万円程度しました。これは正直高いのではないか、と営業をしている自分自身も思ってしまいました。そうなると、営業トークにも身が入りません。売りたくもない商品を販売することへの罪の意識にさいなまれ、体調を崩してしまいました。

 

《おすすめサイトのご紹介》
40歳が仕事を探す方法
xn--40-173azf8e8388ad04awdy.com
これまで培ったもの全てを使って、40歳からの転職を成功させる。

 

 そこで私は、転職をすることにしたのです。同じ販売の仕事でも、今度は100円ショップでした。チェーン店ではない100円ショップでしたが、非常にアットホームな雰囲気で好感がもてました。第一印象から良かったこの店舗に転職することが出来ました。商品の発注や品出し、レジや他のお店の応援など様々なことをしています。非常に楽しい職場です。